外大卒、留学経験者がオススメする話せるようになりたい人向けの教材3選

さからわない英語学習

今回は、外大に通って、留学を経験をして思った「早く出会いたかった」教材を3つ紹介します。



対象的には、中級者向けの記事になっていて、

  • 英語に自信はないけど、なんとなーく理解できる人
  • TOEIC600〜800点くらいの人で話すための勉強をしたい人
  • 英検2級〜準1級くらいの話すための勉強をしたい人

を想定して書きました。



紹介するのは、

・英単語/フレーズ

・英文法

・発音(少しレベル高め)

の3つです。


どれも有名なものですが、英語の勉強をすると寝てしまうわたしでも気に入ったものなので、試してみる価値があるかと思います。

以前に
・『学校教育では自然な英語が身につかない理由
・『文脈を意識してインプットすると話やすくなる
という記事を書きました。

 

それらの中では、「ネイティブがよく使うかたまり」「ネイティブが言葉を話すときの考え方」「人が言葉を話すときの文脈の役割」の重要性に関して触れたんですね。

で、今回紹介するものは、わたしが実際に使用してきたもの、かつ、上記の点に焦点がおいてあるものを選びました。


『外大卒、留学経験者がオススメするライティングに役立つ教材3選』はこちら


では、紹介していきます。


英単語/フレーズ『Real英会話』

Real英会話
Real英会話
開発元:LT Box Co., Ltd.
¥980
posted withアプリーチ

このアプリの特徴

その1. 「3000以上のネイティブが使うフレーズ」が日本語で持っている感覚を英語で取り入れれる


『Real英会話』は訳のバランスがとれています。口語で偏りがない訳になっているので、日本語ですでに持っている感覚を英語として取り入れれます。


たとえば、普通の単語帳なら「boring:退屈な」のような表記がされてますが、『Real英会話』なら、「つまんない」と書かれています。

『Real英会話のスクショ』


日本語で「退屈だなぁ」ってあんまり言わないですよね(笑)圧倒的に「つまんない」のようなしゃべり言葉の方が理解もしやすくて。日常的な自然さの度合いが強い分、「これ覚えて意味あんの?」みたいなことがありません。


入っているフレーズは実際に使われる表現ばかりで、友達と話していると「あ、これさっきやったやつだ」という進研ゼミの漫画現象が起きるほどでした。


先ほどの例のように、『Real英会話』はすべてのフレーズに合わせた会話のがあるので、ネイティブが「どのタイミングで出す言葉なのか」が理解できます。会話のやりとりがあるおかげで、以前に『英単語帳を使うとなぜ眠くなるのか』という記事で触れたような、多くの単語帳にある単語の羅列で人を眠らせる、ということを回避できます。

その2. アプリでしかできない操作性


単語帳と大きく違うのが、アプリならではの操作性です。『Real英会話』なら、片手で寝っ転がりながらネイティブが使う表現を吸収できます。机に座ってガリガリ勉強ができない人にぴったりです。

また、単語帳のようにページをめくらずに、「この英語でなんていうの?」と思えば、検索することができます。

『Real英会話のスクショ』


また、片手で英語のみの表示に切り替えれるのもいいところ。(iPhoneだと上スワイプで表示切り替えができたはず。)

『Real英会話のスクショ』


もし言いたい表現がなければ、「リクエスト」をタップして、ネイティブ講師のテリー先生に質問をすることも可能です。これらの高い操作性は、単語帳を買ってはできないことですよね。

その3. ワンタップで音声が流れて、スピードも変えられる

『Real英会話』のいいところは、ネイティブが実際に使う表現が文字として見れて、さらにワンタップで聴ける点にあります。英単語帳の音声のように、順番に聞かないといけない、なんてことはなく、自分が知りたい表現の音声をすぐに聴くことができます。

『Real英会話のスクショ』

また、Real英会話は設定で「音声のスピード」を変えることができます。単語帳のCDなどはスピードが一定ですが、「もっとゆっくり話してほしい」「もっと速いスピードに慣れたい」という人にも対応しています。話すのも、リスニングの向上につながるのも嬉しいですね。

『Real英会話のスクショ』

「聞いて意味が理解できるかチェックしたい」「この表現は使わないけど、聞いたときに理解できればいい」なんてことがワンタップでできるのは嬉しいですよね。「実際に使いたい!」と思うものはシャドーイングしたり、何度も口で真似ることで自分のものにすることができます。

IOS版は買い切りで使えるのですが、Android版は月額でしか使えないようです。わたしはIphoneを持っていたときは使い倒していましたが、お金に余裕があればAndroidで使うのもありかも。




文法書『Grammar in Use』

この本の特徴

その1. ネイティブの考え方を教えてくれる

『Grammar in use』は「ネイティブの考え方」が知れる文法書です。多くの文法書は「なぜこのような文法になるのか?」という解説がなされていますが、『Grammar in use』は「なぜこの文法を使うのか?」を解説してくれています。


難しい表現は出てこなく、「こういう場合は、こういう。これを使うときは…」のようにわかりやすく説明してくれています。この文法書はまさしくネイティブの考え方に焦点が置かれています。

その2. 使うタイミングの違いを図解とともに分けて説明してくれる

以前に『区別することがわかるの基礎になる』という話をしましたが、この文法書は分けて教えるのがとても上手です。


学習者がつまづきやすい項目では、しっかりと区別できるように、わかりやすく区別してくれています。

その3. 豊富な具体例と練習問題

『Grammar in use』は解説のページでたくさんの例文を用意してくれています。わたしは右ページの練習問題は解かずに、左の解説ページだけしか使いませんでしたが、「もっと練習したい」「もっと例文に触れたい」という方は、右の練習ページがきっと役に立ちます。


発音/リスニング『American Accent Training』

この本の特徴

その1. 自然なアメリカ英語をイラストとともに理解できる

『American Accent Training』は、アメリカ英語に特化した発音の本です。音がどうつながるか、音がどう消えるかの解説が手厚いのはもちろん、単語や文のイントネーションのイラストの説明まであります。

『American Accent Training』から引用


最近は動画などの発音の解説がされてるものが多いですが、イラストで解説したり、細かいところまで言語化してあるのは『American Accent Training』の特徴の1つと言えます。

その2. アクセントによる意味の違いの解説がある

『American Accent Training』は「発音のルール」だけでなく、ストレスをどこに置くか、による意味の違いがあることの説明があります。

『American Accent Training』から引用  

発音のルールに触れるものは多い中、このように「ニュアンスが変わる」ことまで説明してくれてる発音教材は少ないと言えます。

その3. 発音の仕組みを理解できるので、リスニングも向上する

ここまで丁寧に「どう話されるか」を理解すれば、聞き取りが楽に感じるはずです。全て英語での説明ですが、解説部分を含めて全て音声がCDで聞けます。

「もっと発音が上手くなりたい!」「発音を理解してもっと聞き取れるようになりたい!」という人にはぴったりの本と言えます。



まとめ

今回は、英語学習する上で少しでも早く手に取りたかった教材を紹介しました。

  • Real英会話
  • Grammar in Use
  • American Accent Training

3冊とも王道中の王道の本で、ずっと使える知識が詰まっています。

気になった方はぜひ手にとってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました