ミニマリストじゃないけどエアリーマットレスを買った理由

やってみる
Amazon.co.jpから引用



今回は、「ミニマリストじゃないけど、アイリスオーヤマのエアリーマットレスを買った話」をシェアします。



わたしが買ったエアリーマットレス

先にわたしが買ったアイリスオーヤマのエアリーマットレスを紹介しとくと、「9cmのシングル」でこちらになります。



わたしの体重は55kgぐらいで、2年使ってます。


引越しが多い人にはぴったり

エアリーマットレスは「引越しが多い人」にオススメなんですね。

わたしは一時期引越しすることが多く1年とか半年に一回くらい引越しをしていたんです。


で、そのときに困ったのが「ベッド」でした。
ベッドって「場所をとる」「運ぶのが大変」「値段が高い」ので、買い替えるのに抵抗感があるんですね。


引越し業者を雇えば、ベッドの関係で車両を大きくしなくちゃいけなくて、結局値段が高くなったりして。

何度も「ベッドがなければもう一つ車両を小さくできるんですが…」って言われた経験があります。


その経験から「ベッドって移動に向いてないな…そもそも部屋の場所も取りすぎでしょ」って考えるようになってったんですね。

ただ、その割に、やすいものを選んだら選んだで腰を痛めるし、いろいろと調べてたと。

そしたらミニマリストの人がほとんどこのマットレスを使っていて、しかも評価が結構高かったので、迷いながらも買うことにしたんですね。


で、近場で自分で引越しをすることとかもあったんですけど、軽いから持ち運びに苦労しない、腰を痛めない、車に入る、ので「なにこれ、最高やん」ってなりました。



間取りもベッドを気にしなくてすむ

もう1つ引越しが多い人に向いてる理由として、「ベッドのための間取り」を気にしなくてすむことがあります。

というのも、部屋を選ぶときって、「ベッドルーム」って重要じゃないですか。
日光が入るか、とかベッドが邪魔にならないか、とか。


で、エアリーマットレスだと壁に立てかける、折り畳める、ので「部屋を広く使える」んですね。


つまり、ベッドの場所をそこまで気にせずに部屋を選ぶことができるわけです。



エアリーマットレスを買う前に不安だったこと

ここまで、アイリスオーヤマのエアリーマットレスが「引越しが多い人向け」「ベッドで悩みなたくない人向け」であることを説明してきました。


ここからはエアリーマットレスを買う前に不安だったことと、実際に2年間使ってみてわかったことをシェアします。



スプリングマットレスの方が使いやすい?

ずっとスプリングマットレスを使っていると、「マットレスはスプリングがないとダメだ!」みたいなこだわりがあったんですね。

だけど、エアリーマットレスでも使い心地全然気になりませんね。(笑)


以下の動画(英語のみ)では、アメリカでどのようにマットレスが作られているか、が紹介されてますが、結局、どのマットレスが合うかは「人それぞれ」らしいです。

The Mattress Industry is One Big Rip-Off | Adam Ruins Everything

アメリカでの話になりますが、1800年代はマットレスにゴミを入れたりしてた時期もあったりとか、現代でも「同じマットレス」を違う店舗で違う名前、違う値段で売ることがあるとか(笑)

あとは、「専門用語」を使って困惑させたり、「睡眠になんの関係のないモノ」を付け足すことで値段を上げるようにしたりとか、オンラインのマットレスはサクラのレビューも多いとか、マットレス業界は結構むちゃくちゃらしいと。(笑)


だから、実際に寝てみて、自分に合うモノのが一番いいわけです。
1人で寝るのか、2人で寝るのかでは「ひじが当たるのが気になる」とかもありますしね。



したがって、エアリーマットレスが気になるなら、ホームセンターに行って「試せるなら絶対試した方がいい」です。


で、求めるものは人それぞれですが、わたしにとってエアリーマットレスは「寝る」という行為において、エアリーマットレスだから劣ってると感じたことはなく、むしろ個人的にはスプリングマットレスより気に入ってます

自分の体にはあってる、という感じですね。



折り畳みに対する懸念


折り畳みのマットレスって「折り畳み部分」が気になるんですね。
隙間があるな、とか、ちょっと膝をついたときに折り畳み部分で、床にゴン、みたいな。

そういう「折り畳み」に対する懸念があったので、買うのをしぶってたんですよ。ボチボチ値段もしますし。


ただ、今までの経験上、「マットレス」って一回買ったら、わたしはなかなか買い替えないんですね。

しかも、よく「睡眠」は人生の3分の1の時間を使う、みたいな宣伝文句があるように、そこは不快に感じたくない、と。


なので、最悪ダメだったら諦めれる金額だ!と割り切ってエアリーマットレスを買ったら、折り畳み部分もほとんど気にならないし、何より腰が痛くない。


「折り畳みマットレス」=「腰が痛くなる」というイメージが完全になくなりました。



2年使ってみてのへたり

久々にレビューを見てみたら、結構へたるっていう声があったのですが、わたしは9cmのエアリーマットレスを買っていて、体感ではそんなに感じません。

たしかに最初のころと同じか、と言われれば多少はへたってるとは思いますが、使用して、問題はありませんし、もともと腰痛持ちですが、このマットレスにしてから調子がいいです。

(横向きに寝るようにしてるのも関係あるかも)


たぶん体重やマットレスプロテクターを使ってるか、というのもそれなりに関係してるんだと思います。

少なくとも55kgぐらいの人で9cmを買っておけば、2年は全然使えるはずです。



カビないか?

家具屋で働いていたことがあって、「マットレスはすのこの上におかないと、蒸れて、カビの原因になる」というのは知っていたのですが、エアリーマットレスは本当に軽いので壁に立てかけるのが簡単で。

なので、床にしいて寝ても、壁にたてかければ全く問題もなくカビたことはありません。

たまに壁に立てかけるのがめんどくさい時もあって、そのままにしてしまうことがありますが、マットレスがカビた、床がカビた、というのは一回もありません



パリパリ音に関して

素材の関係で寝転がったときにパリパリ音はします。

しかし、動いたときになるだけなのと、そこまで大きな音でもないので気になったことはありません。

(またまたマットレスプロテクターですが)プロテクターとマットレスカバーを別途で買って使ってるので、音を吸収してくれて気にならないのかも。



肌荒れに関して

肌が荒れたというレビューを見つけたことがあって、「水で洗い流したら大丈夫になった」と書いてありました。

わたしも使う前は一度水で洗い流したのと、マットレスカバーを別途でつけているので、肌が荒れたことはありません。



厚みが5cmか9cmかに関して


繰り返しになりますが、わたしは「9cm」の方を購入しています。

ホームセンターで5cmも試した結果、やはり「9cm」の方が個人的にはオススメです。


というのも、先ほども少し触れましたが、以前にケチって折り畳み低反発マットレスを買ったことがあったんですね。

そしたら、「腰を痛める原因」になって、結局、壁によせて簡易ソファみたいな形で使って、引越しの際にさよならすることになった経験があったんです。


そういう経験から、腰への負担や寝心地は妥協したくない、というのがありまして。
「5cmか9cm、どっちにするか」と悩んでたところ、ホームセンターに行ったら「5cmと9cm」が置いてあって、お試しができた、と。

で、たぶん結構長い期間おいてたんだろうと思いますが、5cmだと腰がベッドにすこーしぶつかる感覚があったんですね。


少なくとも「気になる」といった感じ。
一方、9cmの方だと、腰の違和感は感じず。



もちろんどれだけお試し期間になってたか、も関係してますが、わたしの体重55kgぐらいで、いずれすたれるとしても、めんどくさがりなわたしはなかなかマットレスを変えよう、とはならないので、確実性のある9cmを選びました


購入して2年経ちましたが、結果的にいまだに満足してます。



ベッドがいらないから他の寝具にお金をかけれる

エアリーマットレスは「ベッド台がかからない」「スペースが広く使える」ので、結果的に、値段以上の価値をつくってくれるんですよね。

わたしは床にしいて寝ているので、ベッド台が浮いた分、「マットレスプロテクター」を買ったり、「いい抱き枕」に投資しました。


マットレスプロテクターがあると、汗を吸ってくれて、マットレスがダメになりにくいのと、洗うことができるので、快適に過ごせるんですよね。



まとめ

今回は、ミニマリストじゃないわたしがエアリーマットレスを購入した理由をシェアさせていただきました。

  • 引越しや移動が多い
  • 部屋を広く使いたい
  • ベッドをどうにかしたい


そんな人にはぴったりだと思います。

個人的には9cmを買っておけば、へたって気になる、ってことは2年使っても今のところないのでオススメです。

ネットで買えば、わたしみたいに車持ってなくて、ベッドを買うのにレンタカーしたり、送料がかからずに、部屋まで届けてくれるのでお財布にも嬉しいですね。

ではまた〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました