(英語学習)リスニングのために発音を学ぶと聞き取りやすくなる話(呼吸の違いの例)

さからわない英語学習

今回は「英語が以前より聞き取れる、と実感したタイミングと理由」についてシェアしたいと思います。



リスニングのための発音

英語を学習してて一番大変に感じるのが、なんやかんやリスニングだと思います。

というのも、伝えるのは最悪むちゃくちゃでもどうにかなるけど、相手が何を言ってるのかわからないっていうのはどうにもならなくて結構ストレスで。



で、結論から話すと、英語が聞き取れるようになったと思えたきっかけは「発音のルール」に関して学んだあとです。

いうなれば「リスニングのために発音を学ぶ」といった感じでしょうか。



具体的な話をすると、英語は音がつながりやすい言語、という性質を知るということです。

わかりやすい例だと、「チェケラ」は「check it out」からきてますが、「チェック イット  アウト」とバラバラに話されるのではなく、「checkitout」のように一つの単語のように聞こえるんですよね。

「let it go」や「let it be」などもそうです。

また、「her」や「him」などの「h」は音が消えて発音されて、「tell her」が「teller」のようになったり、「them」も「th」の音が消えて、「tellem」のように発音されてるんですよね。



こういうルールを知らないと、check, it, out, tell, him, herなど、よく使われる簡単な単語にもかかわらず、「聞き取れない」ために、「何を言ってるかわからない」ということが起きるわけです。


つまり、ここでいう「リスニングのための発音」とは、言語がどのように話されるかに目を向けてる感じです。

発音を学ぶというと、「RとLの区別」とかそういうことを想像するかも知れませんが、そういうことではないんですね。(もちろん大事ですが。)

留学していた時は、理解できる単語で話してもらっているはずなのに、「なぜかわからない」というのは、これが理由だったように感じます。



英語と日本語は呼吸の仕方が違う

じゃあ、そもそもなんで発音の仕方がここまで違うかというと、英語と日本語では呼吸の仕方が違うんですね。

どう違うかというと、日本語は「あ、い、う、え、お」のように音が途切れるんですけど、英語では音が途切れないで発音すると。



で、このことに関してわかりやすく説明してくれているのが、『英語喉チャンネル Kaz’s NipponDream』のKazさんです。

Youtubeでの解説で満足していまい本は購入したことがないのですが、興味のある方はみてみるのもいいかもしれません。

created by Rinker
¥2,640 (2020/10/29 16:58:01時点 Amazon調べ-詳細)


どの教材をみても、「呼吸による発音の変化」に関して説明してるのはカズさんくらいかと思います。

正直、『英語喉』の説明を聞いたときの、「あぁ〜、なるほど〜」感はヤバかったです(笑)



ちなみに、Kazさん本人の解説ではないんですが、同時通訳をやられている上田亮さんによる英語喉の短い解説動画があったのでみてみるといいかもしれません。

上川さん本人の説明より100倍解りやすい2分で解る【英語喉】(Youtubeリンク)

タイトルと説明が少し攻撃的ですが、上田さんはKazさんの友人らしいのでジョークだとは思います(笑)


感覚的には、英語の時は喉に力を入れず、息が漏れ続けながら口、あご、舌の動きだけを変えて出す音を変化させるみたいな感じですかね。

これが理解できると、英語を発音をしやすくなりますし、何より聞き取りが圧倒的に楽になるんですよね。

特にボソボソと話された時は「呼吸の違い」に関して理解があるかで、聞き取りに大きく影響する気がします。



聞き取れても意味がわからないパターン

ここで「聞き取れる」と「理解できる」が別の場合がある、という話をしましょうか。

これは、「聞き取った単語の意味を処理できるか」という話なんですが、「聞き取れてるのに意味がわかんない!」ということも起きるので紹介しておきます。



というのも、聞き取った言葉が、文化的な意味合いが強かったり、自分の知らない意味合いを持ってる場合は、聞き取れても理解できないことがあるんですね。

たとえば、わたしの経験でいえば、複数の友達と車に乗る時に、「shotgun」っていきなり言い出した友達がいて「ん?どゆこと?」ってなったこととかありました。


すなわち、わたしの知ってる「shotgun」は銃の方ですが、この場合、「shotgun」って最初に言った人が助手席に乗れる権利を得れるという文化ならではのやりとりだったんです。



こういうローカルルールみたいなのは知らないとどうしようもないことですからね。

つまり、たった1つの単語でも、文化的な側面があって、聞き取れても意味がわからないってことは全然ありえるわけです。

そして、ここは焦ってもどうしようもならないので、自分のペースでやっていけばいいと。



まとめ

今回は、聞き取るためには発音のルールを学ぶのが役に立つという話をしました。


リスニングの話になると、シャドーイングの話ばかり出てきますよね。

で、もちろんシャドーイングも大事だとは思いますが、そもそも何を言ってるか聞き取れないとストレスが溜まりやすくて。


そんな時は、リスニングのための発音のルールを理解すると、聞き取れる単語が増えて楽しくなるかもです。



つまり、自分が理解できる単語を処理できるようになるために、発音の仕組みを理解することで、言葉(話されてる単語自体)を聞き取りやすくなる。

また、知ってる単語で聞き取れるんだけど、文化的な側面が強くて理解できなものも出てくる、ということを知っておけば、焦らずにすすめるかな、と。


ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました