自分らしいモノを作りたいなら、周りの意見を無視するのもいい話

つくりやすくなる
Photo by Jacob Prose from Pexels

今回は、「自分らしいモノ」を作りたいなら、周りの意見を無視してつくる手もある話、です。

「ルールを作る考え方」は斬新さをなくしやすい


アイディアを決めるとき、には2つの考え方があって、「みんなが納得するアイディア」と「自分が納得するアイディア」の2種類あるんですね。


たとえば、果物を買いにきたとしましょうか。

で、自分が「『りんご』と『みかん』が好き」だとします。
そして、相手が「『りんご』と『スイカ』が好き」だとします。

このとき、何を買うかとなったら、2人ともが好きな「りんご」を選ぶでしょう。

なぜなら、それが「2人の共通の部分」だからです。

つまり、「なにかを決めるとき」に「共通の部分を選べば、みんなが納得できる」わけです。

人が集まると「共通点を探って」決める


というのも、人が集まると、「できるだけみんなが納得するアイディア」を選ぼうとするんですね。

たとえば、法律はわかりやすいですが、何かを決めるときには、まず「大多数の人が利益をえれる選択」をしますよね。

少数派はとりあえずあとで、みたいな。

これは、会社の会議でもあることですが、「みんなに許可を求めるとき」は、先ほどの果物の例のように、「みんなが納得できる中間」を探ることになります。

そうじゃないと、「あの人がこういってて」「この人はこういってて」となって、収拾がつかなくなってしまうからです。


その結果、見たことある、とか、ありきたりなアイディアが選ばれるようになります。

すなわち、言い換えると、「みんなが納得するアイディア」は「ルールを作る考え方」いえます。


「らしさ」は自分が納得できるアイディアから生まれやすい

で、「自分らしさ」を出したいのであれば、「自分が納得するアイディア」をやると「らしさ」が生まれやすいんですね。

言い換えるなら、「自分が納得するアイディア」は「周りの意見を無視して、自分がやりたいことをやる」といえます。


先ほどの「果物の例」でも、みんなが納得するモノ、を作る必要がないのであれば、「自分が好きなモノ」を選べばいいわけです。

すなわち、「りんご」を選んでもいいし、「みかん」を選んでもいいし、「両方少しずつ」でもいい、と。



つまり、自分が「みんなが納得するルール作り」の環境にいるのか、「自分が納得するアイディアを出す」環境にいるのかで、「出てくるモノ」に影響があるわけです。


ようするに、みんなに受け入れられる安定したアイディアが欲しい場合は、「ルールを作る考え方」を。
斬新さや自分らしさを出したいなら、「周りの意見を無視して自分がやりたいことをやる」方がいい、
ということです。


まとめ

今回は、「みんなが納得するモノを選ぶのか」「自分が納得するモノを選ぶのか」で、「出てくるものが違う」という話をしました。

そして、自分が「いいと思う!」を突きすすめば、ありきたりから離れることができるわけです。


たいてい、「納得してないこと」をすると、「だからいったのに」みたいな考え方になって、「学び」がないんですよね。

逆に、「自分が納得」していれば、失敗しても「学び」があるもので。


なので、ときには「自分の納得感」をつきつめてもいいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました