【インド・実体験】トゥクトゥクの相場とぼられない方法

旅行
Photo by Fancycrave.com from Pexels

インドに行ったら乗ってみたいのがトゥクトゥクです。

近場を行くのにはもってこいのサービス。

 

ですが、相場があまりネットで調べてもわからなかったので、

・実際に1週間滞在してわかった相場
・現地で出会った人に教えてもらった相場

をシェアしたいと思います。

 

 

今回の記事でわかること

・観光客のトゥクトゥクの相場
・現地の人のトゥクトゥクの相場

です。

 

 

【合わせて読みたい記事】
インドに行くなら持っていきたい必需品3つ

 

【注意】
この記事は201810月1日時点の情報です。
また、全て個人の経験をもとに書いているので、
記事の情報をもとに起きた事故、トラブル、被害には責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 

スポンサーリンク

観光客のトゥクトゥクの相場

Photo by Public Domain Pictures from Pexels

1週間、New Delhiでトゥクトゥクを使用しましたが、

だいたいGoogle map

徒歩10分くらいの距離の相場は、1020ルピーくらい

です。

 

グラフにするとこのような感じになります。

自分の経験

距離

料金の相場(ルピー)

日本円換算

徒歩10分くらい

1020ルピー

1530

徒歩20分くらい

2050ルピー

3075

徒歩30分くらい

4070ルピー

60円~105

日本円換算すると、非常に安いのがわかります。

 

現地の人のトゥクトゥクの相場

現地の人の仲良くなり、トゥクトゥクの相場の話を聞きました。

 

以下が自分の場合と現地の人との比較になります。

現地の人の話をもとに比較

距離

料金の相場(ルピー)

自分の場合

徒歩10分くらい

1020ルピー

10~30ルピー

徒歩20分くらい

20~30ルピー

2050ルピー

徒歩30分くらい

20~40ルピー

4070ルピー

 

現地の人の場合、

  • 近場だと10〜20ルピー
  • 少し遠い距離だと20から50ルピー

変わってきます。

タクシーとトゥクトゥクの使い分け方

Photo by Leo Cardelli from Pexels

短距離(徒歩30分ぐらい)で荷物が少ない時

→トゥクトゥクがおすすめです。

 

短距離といえど、ずっと歩いていると疲れるのと、

トゥクトゥクに乗っている間は休憩にもなるので、

乗らない手はないです。

 

長距離(徒歩1時間以上の距離)or荷物が多い場合

タクシーがおすすめです。

 

【絶対損する】空港のタクシーは使わない方がいい

空港内のタクシーは料金が非常に高めなので利用しない方がいいです。

そのかわりに、Uberがおすすめです。

 

グラフだとこんな感じです。

乗り物

距離

料金

uber

1時間くらい

220ルピー

空港内のプリペイドタクシー

1時間くらい

2,600ルピー

行きの自分は何も知らず、

ホテルまでの行きは空港内のプリペイドを使いました。

 

そして、空港までの帰りはuberを使った時に、

めちゃくちゃ損してることに気づきました。

 

Uberを使うときの注意点

Uberを利用する際の注意点としては、

現地のsimカードを購入して、携帯番号が使えるようにする必要があります。

 

もし現地のsimカードがなければ

→空港の外にプリペイドのタクシーがあるので、

そちらを利用しましょう。

 

トゥクトゥクは値段交渉できる

Photo by rawpixel.com from Pexels

最初の方は相場がわからず、めちゃくちゃ損をしていました。

だいたい1020ルピーでいける距離を、150200ルピー払っていました。

 

日本円換算すれば、そこまで高くないので気にしない方は大丈夫ですが、

何回も乗る場合は、結構値段がかさむので交渉した方がいいです。

 

その際は以下の方法を使って値段交渉をしましょう。

【実証済み】必ず上手くいく値切る方法

値切る方法は、

1。一度低い値段を言う。

2。ここまでこの値段で連れてきてもらったと念を押す

3。無理だと言われたら、「じゃあ、もういい」と言って立ち去ろうとする

4。立ち去ろうとすると、基本安い値段で交渉を仕掛けてくるので、自分が納得のいく値段まで下げてからOKを出す。

コツは、3の一度立ち去ろうとすることです。

これは本当に上手くいくのでおすすめ。

 

【解説】トゥクトゥクで損をしやすいパターン

トゥクトゥクの運転手に声をかけられるパターンはだいたい同じです。

実際の会話例

  • どこ出身か聞いてくる
  • インドが初めてかを聞く
  • いい場所を知っていると言って、乗せようとしてくる

 

インドが初めてとわかると値段を高く言われる率が上がる

インドにはさまざまなバックグラウンドの人がいますが、

海外からきている観光客は少ないです。

 

なので、歩いていてすぐに観光客だとバレます。

 

はじめにどこ出身か聞くことで、

インドが初めてかを聞く流れに持っていきます。

 

そして、インドの文化に慣れていないことがわかれば、

相場を知らないと予想して、値段を高くいわれます。

 

実際1週間しか滞在してなくても、

後半は「相場知ってるよ」といっただけで値段を少し下げてくれました。

まとめ

インドのトゥクトゥクは

  • 値段交渉できる
  • 短距離なら、トゥクトゥクがおすすめ
  • 長距離なら、Uberがおすすめ

です。

 

インドはとても活気のある国で、刺激的です!

一度は行くことをおすすめします!

 

 

【合わせて読みたい記事】
インドに行くなら持っていきたい必需品3つ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました