プラスチックを使ってないオススメの水筒はKlean Kanteen

サステイナブル
引用 : https://www.kleankanteen.jp/ より

魔法瓶やタンブラーなど、水筒の種類は山ほどありますが、
「プラスチックを使ってない水筒」って意外と少ないんですよね。

 

ステンレスでもキャップにプラスチックを使っていて、
マイクロプラスチックが気になったり、
素材の説明がなく、安全性も不安になるものもあります。

 

「まったくプラスチックを使ってない環境に優しい安全な水筒を使いたい!」

 

そんな方にわたしがオススメするのが、Klean Kanteenです。

 

created by Rinker
クリーンカンティーン(Klean Kanteen)
¥4,153 (2020/11/01 06:16:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

「プラスティック 使ってない 水筒」

で検索しても出てこず、
1ヶ月調べまくった結果、やっと見つけた「プラスチックを使ってない水筒」です。

 

 

 

今回の記事では、実際にわたしも使っている「Klean Kanteen」の環境への配慮、安全性、使いやすさなどをレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

「Klean Kanteen」とはどういう水筒なのか?

 

まずは、「Klean Kanteen」がどういうコンセプトで作られたかをみていきます。

 

最優先なのは「安全性」と「環境」

 

・世界中で約5,000億ものコーヒーカップと500億本ものペットボトルが毎年捨てられています。

・私たちが最優先にしていることは可能な限り、最も安全で環境にやさしい製品を作ることです。

・クリーンカンティーンはボトルを作るだけではありません。社会を変えるためのソリューションを創り出しているのです。山のように捨てられる使い捨て製品をなくすために、生涯使えて多用途で、そして手頃な価格の製品を設計することに尽力しています。

ー「Klean Kanteen (クリーンキャンティーン) 公式サイト

 

 

 

マイクロプラスチックや太平洋ゴミベルト(the great pacific ocean)のような、

プラスチックによる汚染問題を認識するだけではなく、
「じゃあ、どうすればいいか?」を考え、
そのソリューションとして「Klean Kanteen」が生まれたわけですね。

 

 

 

ゼロ・ウェイストの人も使ってる「Klean Kanteen」

 

1ヶ月リサーチして「Klean Kanteen」を知るきっかけになったのが、
ゼロ・ウェイスト、つまりゴミを出さない生活で有名なLauren Singerさんです。

 

Why I live a zero waste life | Lauren Singer | TEDxTeen

彼女はTEDxTeenにも出演し、その動画は240万回以上も再生されています。(2019年6月28日時点)

 

Klean Kanteen」はペットボトルの代用品として、Lauren Singerさんのブログ「Trash is for Tossers」にて紹介されていました。

 

Lauren Singerさんのブログ「Trash is for Tossers」で
「Klean Kanteen」が紹介されている記事↓
[Giveaway Closed] Win My Favorite Reusable Water Bottle

 

ゼロ・ウェイストの人が信頼している商品数少ない商品は気になる!
と「Klean Kanteen」興味を持ち始めました。

 

「Klean Kanteen」製品の特徴5つ

 

Klean Kanteen」の製品の特徴は以下の5つです。

 

・保温機能
・多機能性
・体に無害な素材
・環境と安全に対する独自の規定
・耐久性とリサイクル性

 

保温機能と多機能性は製品によって異なりますが、
わたしが実際に使っている「Klean Kanteen」のボトルレビューとともに詳しくみていきましょう。

 

 

 

(わたしが使ってるのは、「ミラー」ではなく、「ブラッシュ」の方になるので、

以下で出てくる写真は、「ブラッシュ」の写真になります。)

 

 

「Klean Kanteen」を徹底レビュー

 

ここからは、わたしが6ヶ月以上使ったレビューとこの会社の「すごい!」と言わせる特徴を紹介していきます。

紹介するのは以下の点になります。

 

・オシャレ/シンプル
・プラスチックを使ってない
・体に無害な素材
・洗いさすさ

 

それではみていきましょう。

 

圧倒的な「シンプルさ」と「使いやすさ」

 

まずわたしが使っている商品の見た目からみていきましょう。

プラスチックを使ってない水筒「Klean Kanteen」のウォーターボトル

800ml入るステンレスのボトルです。

「フタ」は取っ手がついていて、「ステンレスと竹」で作られています。

 

プラスチックを使ってない「Klean Kanteen」のウォーターボトルのフタ

 

 

 

見た目が圧倒的にシンプルかつオシャレ

 

 

 

いろんな人に「オシャレな水筒だね!」と水筒がほめられるという初めての現象が起きました。

 

サイズがちょうどいい

 

サイズも1Lはちょっと大きすぎるけど、500mlだと少し足りない…
その間の「800ml」というかゆいところに手が届く感覚。

 

取っ手が便利

 

 

個人的には取っ手を重宝しています。

 

 

取っ手があるだけで「持ちやすさ」が全然違うので、
本当に「使いやすさ」がよく考えられて設計されてるな、と感心します。

 

 

 

プラスチックを使っていない

 

そして「Klean Kanteen」が画期的なのが「プラスチック使ってない」点です。

 

 

 

パーツは全部で3点

 

 

プラスチックを使ってない「Klean Kanteen」ウォーターボトルのパーツ

 

 

本体とフタとシリコンのみ」です。

 

 

フタについてるシリコンも非常に小さいものとなっています。

 

プラスチックを使ってない「Klean Kanteen」ウォーターボトルのフタについてるシリコン

 

最近は、

  • Hydro Flask

 

  • CAPTAIN STAG

 

などのマウンテン系のメーカーの『ステンレス水筒』もありますが、

 

 

プラスチックを使ってない商品を作っているのは「Klean Kanteen」しか見つけることができませんでした

 

 

Klean Kanteenはシリコンも使ってないキャップもある

 

「いやいや、フタもシリコンも使ってない商品がいい」

 

 

 

そんな人には「シリコンがついていないフタ」も販売してあります。

ユーザー視点が完璧です。

 

体に無害な素材

 

またこの会社の素晴らしいところは、
Klean Coat」という、会社独自の安全基準を設けていることです。

 

このKlean Coat™は消費者製品に定められている人体と環境に対する安全基準以上の基準を独自で定めています。人体と環境に悪影響を及ぼす成分を完全に除去し、クリーンで再生可能な製品の基礎を作りました。

ー「Klean Kanteen (クリーンキャンティーン) 公式サイト

 

すべての製品に対して明確な安全基準を持っている。
そして、プラスチックを使っている製品であっても、以下のように説明しています。

 

ボトルは全て18/8(食品工業用)ステンレススチール、ガスケットとOリングは食品工業用シリコンです。またスポーツキャップ、ループキャップ、カフェキャップはBPAを含まないポリプロピレン#5素材で作られています。

ー「Klean Kanteen (クリーンキャンティーン) 公式サイト

 

ステンレスやBPAフリーの製品も増えてきましたが、
ここまで明確な説明と、独自の基準を持っている会社は本当に少ないです。

 

安全性に対する徹底的な姿勢には脱帽です。

 

洗いやすさ

 

個人的に水筒を買うときに重視しているのが、「洗いやすさ」です。

これは意外と見逃されがちですが、水筒って洗うのがめんどくさい。

 

 

しかし、先ほども説明したように、
わたしが使っている「Klean Kanteen」ウォーターボトルのパーツはたったの3つ。

 

プラスチックを使ってない「Klean Kanteen」ウォーターボトルのパーツ

 

 

本体とフタとシリコン。

フタについているシリコンは外せて、簡単に洗えます。

 

プラスチックを使ってない「Klean Kanteen」ウォーターボトルのフタ

 

最近は山ほど水筒が出てきて、便利なものも多いですが、
パッキンが何個もあったり、
隙間からカビが生えてくるものもあります。

 

 

そうなると使う気もなくなりますし、
何より長期的に使えません。

 

 

結局、水筒は洗いながら何度も使うもの。
「洗いやすさ」は非常に重要といえます。

そして、「Klean Kanteen」はそこも理解してくれています。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回はプラスチックを使ってない水筒「Klean Kanteen」を徹底レビューしてみました。

 

 

水筒って何度も買い換えるもので、「これだ!」と思える1本も持っているだけで充実感が増します。

 

自販機で毎日買うことを考えると、

150円 × 30日 =  4,500円

になるので、割と大きな金額になるんですよね。

 

一ヶ月も使えば、約4,000円するKlean Kanteenももとがとれますし、

1年以上使ってますが、全然現役で使ってます。

 

 

オシャレに、安全に、そして環境に優しくなれる生活の手助けをしてくれる最高の存在が「Klean Kanteen」。

 

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

created by Rinker
クリーンカンティーン(Klean Kanteen)
¥4,153 (2020/11/01 06:16:59時点 Amazon調べ-詳細)

(今回写真で出てきたのは、「ミラー」ではなく、「ブラッシュ」です。)

 

 

暖かい飲み物をいれたい方はこちらがオススメ

created by Rinker
クリーンカンティーン(Klean Kanteen)
¥4,619 (2020/11/01 06:17:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

・水筒:『Klean Kanteen リフレクトボトル 27oz 800ml ブラッシュ』
・フタ:『Klean Kanteen オールステンレスループキャップ クラシック用 』

・Klean Kanteenの水筒で暖かい飲み物をいれたい人向け:
『Klean Kanteen 保温ボトル TKPro 19322064015075 ステンレス 0.75L

 

関連記事

「Klean Kanteen」の水筒の鉄くささを3ステップでとる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました