Macでも使えるUS配列のエルゴノミクスキーボードは「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」がオススメ

人間工学に基づいたマイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard) つくりやすくなる
人間工学に基づいたマイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)

人間工学に基づいたエルゴノミクスキーボードはたくさんありますが、Macでも使えるUSキーボードの配列のものは意外と少ないんですよね。


US配列のエルゴノミクスキーボードをMacでも使いたい

そんな人にオススメなのが、「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)」です



海外のプログラマーで使用している人もいる、Mac対応の人間工学に基づいたエルゴノミクスキーボードです。

今回の記事では、この「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)」を紹介してきます。

「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」とはどういうキーボードなのか?

マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)

それではエルゴノミクスキーボード「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)」をみていきましょう。


人間工学に基づいたデザイン

人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインで、キーボードの角度が手や腕にとって自然な角度で使用することできます。

無理のなく快適に使えるように設計されてるので「長時間作業する人」のことを考えて作られてるんですね。

具体的には以下の点において使いやすくなってます。

  • USBをつなぐだけでワイヤレス
  • キーボードとパームレストが一体化(高さ調節可能)
  • 手のためのドーム型のキーボードデザイン
  • 電池がなくなってきたら赤く点滅して知らせてくれる
  • テンキーが分離式
  • Macのキーボードと同じ配置に変更可能

特にわたしが気にっているのが、太字にしている点です。

詳細は以下で説明します。



パームレストがキーボードについている

では、実際に「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」の特徴をみていきましょう。


このキーボードは、クッション性のあるパームレストがキーボードと一体化になってるんですね。

マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)のパームレスト
  • イスに座って
  • あぐらをかいで
  • ビーズクッションに体をあずけて

どの状況でも「パームレスト」がある状態で作業ができます。これだけでも腕の疲れが全然違いますよ。

ちなみに、「リストレスト」だと、血流を妨げる原因になるので、人間工学に基づいたエルゴノミクス的には、キーボードは「パームレスト」の方がいいらしいです。



そして、特に嬉しいのが付属パーツの「パームリフト」。

マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)パームリフトが取り付けれる
マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)パームリフトは磁石でくっつく
マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)パームリフトで高さを調節


膝の上でキーボードを使用すると「手首が浮く」んですが、「パームリフト」で高さを調節することで、肩に力を入れずにすむので、腕の疲れが軽減されます。


作業をする時に、正直この「パームレスト」だけでも「腕が楽〜」となりますよ。人は肩を上げて作業すると、肩が凝ってしまうので、膝の上で作業するのはオススメです。



手のためのドーム型デザイン

では、実際にキーボードをみていきましょう。

マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)



この「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」は、キーボードがドーム型なんですね。

マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)は、キーボードがドーム型


キーボードは手の形状に合わせて中央から曲線があります。実際にこのキーボードで作業をして、普通のキーボードを使うとと、「腕の疲れの違い」に気づくと思います。



Macと同じキーボードに設定

これはおまけになりますが、「Karabiner-Elements」という無料のソフトを使えば、簡単にMac用にキーボードを変更することができます。

「Karabiner-Elements」から引用



「Karabiner-Elements」ダウンロードはこちら。)

少し変更方法を見てみましょう。



まず、「MacbookのUS配列」と「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボードのUS配列」の違いは以下のようになっています。

Macbook US配列のキーボード
マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボードのUS配列
「Macbook US配列」と「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード US配列」の違い1
「Macbook US配列」と「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード US配列」の違い2
「Macbook US配列」と「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード US配列」の違い3

「Macbook」と「マイクロソフト」のキーボードの大きな違いとしては、「Fnキー」が「Macbookは左下」、「マイクロソフトは右上」がありますね。


さて、キーボードの機能の変更ですが、無料のソフト「Karabiner-Elements」を使えば、簡単に変更することができます。


たとえば、「マイクロソフトキーボードの左のAltキー」を「Commandキー」に変更したい

そんなときは

「Karaniner-Elements」で「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」を「Macキーボードと同じ配列」にする1
「Karaniner-Elements」で「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」を「Macキーボードと同じ配列」にする2
「Karaniner-Elements」で「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード」を「Macキーボードと同じ配列」にする3



これだけでOK。
すごい簡単にできます。


使ってて「やっぱりこの配置がいい!」と変更したいことがあれば、いつでも「Karabiner-Elements」で簡単に登録できます。


もし「一度登録したけど、やっぱりやめたい」と思うことがあれば、「Remove」で消すことができます。


もし「この配置でいく」というのがあれば、Macのキーボードのデザインを印刷して、「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボードにテープで貼り付けるのもありです。



まとめ

今回は、Macでも使えるUS配列の人間工学に基づいたエルゴノミクスキーボード「マイクロソフト スカルプ エルゴノミック キーボード(Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard)」をレビューしました。


初めてエルゴノミクスキーボードに触るとなると、少し抵抗感があるかもしれません。

わたしは使い始めて1時間もすれば慣れて、今では快適さから、手放せなくなっています。


今回紹介した2点の他にも使いやすい点があるので、ぜひ使ってみて体感してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました