外大卒、留学経験者がオススメするライティングにすぐ役立つ教材3選

さからわない英語学習



今回は「外大卒、留学経験者のわたしが選ぶもっと早く出会いたかったすぐに役立つライティングにオススメの教材3選」をシェアしようと思います。



読み手を考えた文章を書く方法

英語表現の本や文章の構成に関する本はたくさんありますが、「書き言葉の考え方」をわかりやすく教えてくれる本って少ないんですよね。

英語ネイティブらしい文章をかけるようになりたい


そんな方にオススメの「書き方を教えてくれる教材」と「文章をかくサポートしてくれる教材を紹介します。



・会話もメールも 英語は3語で伝わります(書き方の教材)

・使い分けbook(ニュアンスのサポート)

・Thesaurus.com(類義語のサポート)



それぞれの特徴を順番にみていきましょう。




以前に『外大卒、留学経験者が選ぶもっと早く出会いたかった教材3選』という記事では、

・Real英会話

・Grammar in Use

・American Accent Training

を紹介しました。そちらの記事では、話すことに目を向けてる人をイメージして書いてあります。


スピーキングを伸ばしたいと思ってる方はぜひそちらもチェックしてみてください。






書き方:会話もメールも 英語は3語で伝わります

created by Rinker
¥1,516 (2020/10/27 12:49:46時点 Amazon調べ-詳細)

さて、それでは書き方の考え方を教えてくれる『会話もメールも 英語は3語で伝わります』がどんな風に作られているのかをみていきましょう。

複数の英語表現のうち、どちらが好ましいのだろうと迷ったとき、判断がつかないのです。中学校や高校では、「文法的に正しい英語」に注力した教育が行われ、どちらの表現がコミュニケーションを円滑に進めるかということは、議論されません。 

会話もメールも 英語は3語で伝わります



著者である中山裕木子さんは「特許英語翻訳者」で、難しい技術や理論の説明がある特許や論文を英語に翻訳されている方です。英語のネイティブではないからこそ、悩んだ経験があり、「じゃあ、何が必要なのか」に目を向け、それを解消するために『会話もメールも 英語は3語で伝わります』が生まれたんですね。



具体的な特徴

以下が『会話もメールも 英語は3語で伝わります』の特徴になっています。


伝えるための文章の組み立て方の解説
・万能動詞の紹介
・伝える内容に合わせたテンプレート
情報量に合わせた文の選択
・文を比較してニュアンスをわかりやすく説明

今回は、わたしが特に「役に立つなぁ」と感じたのが、太字の2点に絞って紹介します。



その1. 文章を書き慣れていない人もスムーズに書き始めることができる

会話もメールも 英語は3語で伝わります』では、今まで文章を書いてこなかったという人も抵抗なく文章を書ける解説がされています。実際にライティングをする時に、「読んでおいてよかった」と思えるはずです。


たとえば、「何から書き始めたらいいのか全くわからない」という人でも納得しながらすすめるように、以下のような説明があります。

・英語では、主語を必ず文のはじめにおきます。そして主語に続けて動詞をおきます。

・主語を次の4種類から選んで英文を組み立てます。

1. 人
2. モノ
3. 動作
4. This:直前に伝えた「このこと」

主語で文を開始すること、つまり、主語より前に何もおかないのがおすすめです。 

会話もメールも 英語は3語で伝わります



他にも、ライティングにおける動詞の位置付けが以下のように説明されています。

主語に続く動詞は英文中で最も重要です。動詞の選択により、英文の構造が確実に決まり、英文の与える印象が決まるためです。

会話もメールも 英語は3語で伝わります


解説の後には、具体的な例文とともに、何が重要で、何から決めればいいのか、そして万能動詞のような実際に役に立つ動詞、まで解説してくれています。伝えるため、伝わるには「あ、こうすればいいのか」と安心しながら学習できますね。



その2. 情報量に合わせた文の選び方のような文章術まで解説

会話もメールも 英語は3語で伝わります』の特徴として、「使用者目線だなぁ」と思うわせる「情報量に合わせた文の選び方の解説」があります。


たとえば、「分詞」と「関係代名詞」の違い。ライティングにおいて、読み手にどんな影響を与えるのかの説明があります。

・加わる情報が短い場合には「分詞」、長い場合には「関係代名詞」

・〈分詞の利点〉
短く、誤りが起こりにくい。

・〈関係代名詞の利点〉
説明の前に「ひと息」おけるため、長い説明であっても加えることが可能。

会話もメールも 英語は3語で伝わります

もちろん文法用語がわからないという人でも理解できるように、たくさんの例文が用意されています。

会話もメールも 英語は3語で伝わります』を読んで実践することで、ただ単に伝えるためだけでなく、「文章が読みやすさ」「読み手の感じ方」も配慮できるようになります。

単語のニュアンス:使い分けBookシリーズ(形容詞・副詞)/(動詞)


『会話もメールも 英語は3語で伝わります』を読んで、もっと与えるニュアンスにこだわりたいという人は、『似ている英単語 形容詞・副詞使い分けBOOK』と『英語の類義語 動詞使い分けBOOK』がオススメです。

created by Rinker
¥1,540 (2020/10/28 02:03:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2020/10/28 02:03:30時点 Amazon調べ-詳細)

このシリーズの特徴


その1. 似ている単語が分けてまとめられていて、使った際のニュアンスの違いがわかる


使い分けBOOKシリーズでは、似ている単語がまとめられていて、ニュアンスの違いを知れる、のが一つの特徴といえます。たとえば、『似ている英単語 形容詞・副詞使い分けBOOK』の「美味しい」のセクションの中で、「tasty」「delicious」は以下のような解説があります。

両者とも会話でよく使われる語ですが、tastyは特に風味がきいていて味覚を楽しませてくれるという点に焦点があてられ、deliciousは大きな喜びを与えてくれるほどの美味しさが強調される語です。

似ている英単語 形容詞・副詞使い分けBOOK


他の例では、同じ「美味しい」のセクションの中で、「edible」「eatable」のようにニュアンスがわかりづらい似ている単語でも、以下のように解説があります。

eatの形容詞にはedibleとeatableがあります。前者は毒がなく食用に適していて「食べられる」という意味で、後者は主に否定的な意味で使われることが多いのですが、「どうにか食べられる」とか「まあまあ食べれる」という違いがあります。

似ている英単語 形容詞・副詞使い分けBOOK

「こういう時に使う」「こうは言わない」「マイナス・プラスのイメージ」「口語的な表現」などの解説が細かく、例文もあり、ニュアンスを気にする人の気持ちをとても理解してくれてます。


単語が羅列してあるタイプの英単語帳だと、「訳」が同じなものが多く、ニュアンスの違いがわかりにくいものです。また、似ている単語が集められていて、ABC順になってる辞書を開いて、いちいち意味が似ている単語を調べずにすむのは、本当に助かるところ。



その2. ニュアンスを表したイラストで直感的に理解できる

使い分けBookをオススメするもう一つの特徴が、単語のニュアンスを表したイラストです。例えば、『英語の類義語 動詞使い分けBOOK』の中にある「持っていく、運ぶ」のセクションでは、ニュアンスの解説と共に以下のようなイラストがあります。

英語の類義語 動詞使い分けBOOK』より引用



他にも、「追う」のセクションの例をでは、

英語の類義語 動詞使い分けBOOK』より引用

解説と例文だけでもイメージがわくのですが、イラストをみることでさらにスッと頭に入ってきます。すべての単語にイラストがあるわけではありませんが、多くの単語にイラストが挿入されており、直感的に理解しやすいのも、使用者としては助かるところ。



類義語を調べたい時:Thesaurus.com

手取り早く類義語を調べたい時は『Thesaurus.com』を使ってみましょう。

Thesaurus.com』より引用


エッセイを書いたり、論文を書くときに、「同じ単語を繰り返し使ってしまう…」というのを回避できます。例えば「comfortable」で検索すると、以下のように類義語を表示してくれます。

Thesaurus.com』より引用


スクロールすると、「ANTONYMS FOR comfortable」という形で、対義語も表示してくれるので、「この単語の反対の意味で何かないかなぁ」という時も安心です。

Thesaurus.com』より引用


ただ、『使い分けBOOKシリーズ』のように、「こういう時に使う」といった解説や、細かいニュアンスの違いの説明はないので、あくまでその場しのぎにはなりますが、スピード感はあります。


『使い分けBOOKシリーズ』は一気に読まなくても、手元においておけば、単語を使う時に「あれ?この単語のニュアンスってどう違うんだろう?」という疑問にきっと答えてくれます。



まとめ

今回は、ライティングをする人にオススメな『すぐに役立つライティングにオススメの教材3選』を紹介しました。


わたしは留学や仕事で英語を使っていたことがありますが、文章を書くときに「どうしても口語っぽくなってしまうなぁ」ということが多々ありました。

で、『会話もメールも 英語は3語で伝わります』を読んでから、「あ、英語らしい書き方ってこう書くのか」と腑に落ちて、文章を書くのも楽になったのを覚えています。

また、学生でアカデミックな書き方をする人や、読み手を配慮した文章を書きたい人は、今回紹介した教材を使うことで自分が与えたい印象通りに書く土台ができるはずです。



・会話もメールも 英語は3語で伝わります(書き方の教材)

・使い分けbook(ニュアンスのサポート)

・Thesaurus.com(類義語のサポート)


気になる方はぜひ手にとってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました